東洋占術の基礎「陰陽五行論」

占術知識

東洋の占いは、ほとんどすべてが「陰陽五行論」に基づいて体系化されています。

「陰陽五行論」とは、「陰陽論」と「五行論」が組み合わされた東洋思想です。

陰陽論とは

中国の思想に端を発し、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物を、さまざまな観点から陰(いん)陽(よう)の二つのカテゴリに分類する思想。

上記は、陰陽を表す「大極図」です。
東洋のシンボルとして使われることもあるので、だれでも一度は見たことがあるかと。

白が陽で、黒が陰。

陽と陰が相互に影響しあい、陽の中には陰が、陰の中には陽が内在している。
ということを表しています。

例えば陰陽論によると、男性は「陽」。
女性は「陰」に分類されます。

しかし、実際は男性の中にも女性的な要素があり、女性の中にも男性的な要素があります。

また、女性の中でも「明るく太陽のような女性(=陽)」と、「物静かで月のような女性(=陰)」があります。

陰陽は絶対的なものではなく、相対的なものである、というところがポイントです。

五行論とは

五行論は、

万物は「木」「火」「土」「金」「水」の五種類の元素で構成される

という東洋思想です。

それぞれの元素が互いに影響を与え合い、それにより天地万物が変化し、循環するという考えを根幹としています。


(画像はWikipediaより)

例えば、「木」は燃えて「火」を生じます。

言い換えれば、「火」は「木」に助けられる関係です。

この五行論に基づき、たとえば同じ東洋の占いの九星気学などでは生年月日によりその人の性質を算出し、「火」の性質の人は「木」の性質の人と相性が良い、などと観たりします。

「五行論」は東洋の占いにおいて根幹をなすといっても過言ではない思想で、さまざまな占いのベースとなっています。

ちなみに五行論は「万物を」五行に分類するという思想なので、たとえばミュージカルは「火」の性質、ライブは「木」の性質、などです。

時代とともに解釈を変化させることにより、単なる古典ではなく現代の事物、悩みにも対応できるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました