【易】「易占い」とはどんな占いか?

占術知識

占いの種類(=占術)の一つに、「易占い」という占いがあります。
(私も鑑定の際に、メインで使っている占術のひとつです。)

易占いとはどんな占いなのか?についての解説です。

易占いとは?

「易占い」は、東洋でもっとも古い歴史を持つ占いです。

占う際は、「易経」という中国の書物に基づいて占います。
※この、言わば」「公式な教科書」があるという点でも、他とは違う占いと言えます。

易で占った結果を「卦」(け)と言いますが、「この世のすべてが、六十四通りの卦で表現される」としているのが特徴ですね。
(ちなみに、「当たるも八卦当たらぬも八卦」の「卦」も、易占いから来ています。)

易経は三千年前の中国、周の時代に作られたとされています。
「四書五経」という言葉は、中学校などで習った覚えがあるのではないでしょうか。

易経は単なる占いの書ではなく、その古代中国を代表する思想書「四書五経」の一つであり、国政などの判断の際にも易占いが使われたと言われています。

易で占う方法は色々ありますが、正式には筮竹(ぜいちく)と算木(さんぎ)という道具を使います。
ただし、筮竹と算木を使う方法は時間がかかるため、現代ではあまり用いられていません。

今は、サイコロかコインを使う方法が主流です。

占った結果(=卦)は下記のようなものが出来上がります。


画像は「地天泰」という卦です。

長い一本の棒が「陽」。

間が赤く途切れている短い棒が「陰」。

筮竹やコイン、サイコロなどを使い、六回、陰陽を出すことにより、2の6乗=64通りの結果が出ます(=六十四卦、と言います」)。
※実際は、細かく鑑定するとさらに数は多くなりますが。

出た卦を元に、占う対象(=占的:せんてき)を解釈する、という訳です。

絵柄からインスピレーションを膨らませるタロットカードなどと比べるとシンプルに見えるかもしれません。

しかし、それぞれの卦に深い意味があり、ビジネスから家庭問題まで、どんな質問にも対応できる占術なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました