占いを知ろう(命・卜・相)

占術知識

お客さんとして占いを受けたい人も、これから占い師を目指す人も、占いの種類について知っておくことは有用です。

例えば「タロットカード」「手相」と言えば、誰でも知っているメジャーな占いですよね。

しかし、実は占いには数多くの種類があります。
そして、その種類ごとに特徴であったり、得手不得手があります。

占いは大きく分けて下記の三種類に分類できます。
占う内容ごとに、最適な占術を選択することが重要と言えます。

占いの種類について(命・卜・相)

古今東西、占いはこの「命・卜・相」に大別されます。

【命(めい)】
主に、生年月日を使って運勢を診る方法。
「命」は運命、宿命の「命」です。
長期的な運勢。結婚などの変化、人生の浮き沈みを診るのに適しています。
 
逆に、明日何が起こるか、意中の相手がどう思っているか、といった
短期的な事柄については苦手とします。
 
例)西洋占星術、四柱推命、数秘術、九星気学、紫微斗数、宿曜占星術など
 

【卜(ぼく)】
カードやサイコロ、石などを投げたりして、出た結果で占う方法。
短期的な運勢。人間関係や恋愛、Yes/Noを判断するのに 適しています。
 
ただし、5年後10年後などの、遠い未来の事柄を診るのには適していません。
 
例)タロットカード、インナーチャイルドカードなどのカード占い、ルーン占い、易占い
 

【相(そう)】
「今あるモノの形」から、吉凶・将来を読み取ります。
メジャーなのは手の形を見て占う「手相」などですが、家の間取りや形から吉凶を占う「家相」。
顔の作り(眉や鼻等のパーツの形、ほくろの位置など)から運気を見る「顔相(人相)」などがあります。

数か月単位の近い将来や、予想される危機や運気の浮沈などを診るのに適しています。 

例)風水、家相、手相、顔相など

例えば、人と人との相性や、その人の運命。
性格や性質といった事柄については、生年月日をもとにした「命術」が適しています。

それとは別に、「AとBどちらを選ぶか」のような選択に当たっては、「卜術」を使います。

プロの占い師であれば、2種類以上の占術を使っている場合が多いですね。
(中には、一つの占術を極める!という感じで一本に絞っている占い師さんもいますが。)

ちなみに私(草堂)は

  • 命術:九星気学、紫微斗数
  • 卜術:易占い、四盤掛け(九星気学)
  • という占術をメインに鑑定しています。

    占う内容に適した占いを選んで頂ければと思います。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました