ときには「人生の目的」について考えてみよう

ライフハック

あなたの「人生の目的」はなんですか?

そう聞かれて、即答できる人は多くはないかもしれません。

あるいは「人生?そんなこと考えてるなんてヒマなんだね。」と言われてしまうかもしれません。

確かに、目の前の問題。

嫌な上司や、増えていく体重、減っていく貯金残高、今日の夕食のメニューetc…。

それらを考えるのに忙しく、「人生の目的」なんていう命題は、頭の中に入り込むスペースもないかもしれません。

「人生の目的」=「ミッション」

例えばインターネットポータルサイトで有名な「Yahoo!」は、

企業目的(=ミッション)として、

「インターネットの力で日本のあらゆる課題を解決する”課題解決エンジン”」を掲げ、「UPDATE JAPAN」という世界の実現を目指す

と掲げています。

Yahooは、この企業目的の達成のために活動しています。

Yahooが提供する多様なメディアサービスや様々な活動は、大元としてはこの「ミッションを達成するため」にあるわけです。

この「ミッション」は、企業が何か判断する際の一番の大前提、判断基準となります。

投資したり、サービスを撤退したり、新しくサービスを始めたりといった判断をする際に、

「それはわが社のミッションにかなっているか」

が大元の判断基準となるわけです。

「人生の目的」は全ての判断の基準となる

個人レベルでも、「人生の目的」=「ミッション」と言うことができます。

自分が最終的に何を目指すのか。
どう生きたいのか。
どんな時に幸せを感じるのか。

それが転職、恋人選び、進むか退くか、すべての判断の根拠となります。

なので、実は自分の人生の目的について考えることは、ヒマどころか最優先で取り組まなければならない重要事項といっても過言ではありません。

この「ミッション」は、他人から与えられるものではありません。

「ミッションを達成するための手段」としての情報は沢山ありますが、自分の人生の目的については、自分自身の内面を掘り下げて見つける必要があります

(なりたい姿はあっても、年齢/環境/能力的に無理だよ!という場合は、また別途。)

あなたの「ミッション」について、今一度考えて見てはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました